CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Rolling StoneのThe Playlistを真似てみる | main | キンクス初期3作品のデラックス盤リリース >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
The Great Lost Kinks Albumを作ってみる



今回はちょっとだけマニアックな話。
ま、普通のリスナーの方には、正直どうでもいいような話です。
 

キンクスには、所謂“幻の”と呼ばれるアルバムが2枚あります。
1枚は「The Village Green Preservation Society」の前身的なアルバムとしてレコーディングされていた「Four More Respected Gentlemen」。
これは完成テープがアメリカのリプリーズ・レコードにまで引き渡されながら、最終的にリリースされることなく、収録予定曲のうち「Johnny Thunder」とか「Picture Book」、「Monica」などの数曲が「Village Green〜」に流用されたものの、アルバムそのものは日の目を見ずに終わったという、文字通り幻のアルバムです。
 

予定通りリリースされていれば、それはこんな感じの作品でした。
A-1. She's Got Everything
A-2. Monica
A-3. Mr. Songbird
A-4. Johnny Thunder
A-5. Polly
A-6. Days
B-1. Animal Farm
B-2. Berkeley Mews
B-3. Picture Book
B-4. Phenomenal Cat
B-5. Misty Water
 

ちなみに現在では、これらは全て公式にリリースされた何がしかのアルバムに収録され、発表されていますから、ジャケット等を含めた『製品としてのLPレコード』はともかくとして、楽曲的にはもはや“幻の”でも無くなってしまいました。
 

もう1枚はキンクスとしての正規盤ではなくて、アメリカでの彼らのライセンスを持っていたリプリーズが、1973年に独自に編集して作ったアルバムなのですが、簡単に言えばRCAに移籍したキンクスが、パイに残していた60年代後期の未発表音源を、一枚に集約したような内容。
このタイトルが「The Great Lost Kinks Album」。
しかし、このアルバムは収録曲の版権を所有していた、悪名高きあのアラン・クレインのクレームによってすぐに廃盤。発売はされたけれども、あっという間に市場から消えた、いわば“準・幻のアルバム”みたいな作品といえます。
ただし、発売までに至らなかった「Four More Respected Gentlemen」とは違い、一度は店頭に並んだ本盤に関しては、絶対に手に入れることが不可能ということではなくて、今でも中古屋さんやネット通販で購入することは可能だし、現にブログ友達のいたち野郎さんも、昨年9月のエントリーで、遂に入手したことを報告されてました。
 

ただ問題は、これを今手に入れようとすると、ハッキリ言ってバカ高いこと。
お店によっては一万円くらいで売っている。
それに加えて、僕はレコードプレーヤーなるものを、とうの昔に処分してしまっているので、買ったところで聴けやしない。
 

こちらの希望としては、版権所有のアラン・クレインも2009年に亡くなっているんだから、何とかしてCD化してくれれば良いようなもんだけれども、それでも版権は息子だかに引き継がれているのかどうか、そんなことは知らないけど、CDとしても一向に出る気配はない。
 

欲しい。
でも出ない。
欲しいけど出ない。
 

それならいっそ作っちゃえ!
 


…というわけで、ここから先は「The Great Lost Kinks Album」の作り方。
 

基になるのは以下の曲目。
 

A-1. Till Death Do Us Part
A-2. There Is No Life Without Love
A-3. Lavender Hill
A-4. Groovy Movies
A-5. Rosemary Rose
A-6. Misty Water
A-7. Mister Songbird
B-1. When I Turn off the Living Room Light
B-2. The Way Love Used to Be
B-3. I’m Not Like Everybody Else
B-4. Plastic Man
B-5. This Man He Weeps Tonight
B-6. Pictures in the Sand
B-7. Where Did My Spring Go?
 


このうち、今現在で本当にレアと言える曲は実は少なくて、
 

B-2はパイ・レコードでの最後のアルバム「Percy」に収録。
 

A-3から7と、B-7の計6曲は、2004年に出た「The Village Green Preservation Society」のデラックス・エディションで公式に発表済み。
 

それから、A-2は現在出回っている「Something Else」のボートラ、B-3は同じく「Face To Face」のボートラ、B-4と5は「Arthur〜」のボートラとして、それぞれ入手可能。
 

B-1は、これは割合にレアだけど、2001年に出た「BBC Sessions」に収録されているので、これを採用することにしよう。
 

すると残りはA-1とB-6。
これらは残念ながら、今のところオリジナルの「The Great Lost Kinks Album」にしか、『正式には』収録されていない。
(2000年にドイツで出た「Neue Revue-The Great Lost Kinks Album」というブートレグCDには入っている)
 

アルバムとして手に入らないなら、ネットで探すしかないね。
ということで、Youtubeから2曲。
 

A-1. Till Death Do Us Part


 

B-6. Pictures in the Sand

 

これで曲は全部そろった。
あとはYoutubeの映像から音声だけを切り出して、曲順に沿って焼けば良い。
これで完成!
 

しかし便利な世の中になりましたなぁ。(なんて言うと、すごい年取っちゃった気分になるけど)
ビーチボーイズの、正真正銘“幻の”「スマイル」だって、あちこち探せば何とかそれらしい楽曲の寄せ集めが手に入るし、いやひょっとすると、そもそもこの情報化時代に“幻の”なんて言葉は、もはや死語と化しているのかも知れない。
 

本当はこのキンクスのアルバムだって、こんなに面倒な手間を掛けずに
[The Great Lost Kinks Album mp3]とかで検索すれば、もっと簡単に…
 


…うおーっと、いけねえ!
これ以上何か書くと、いろんなところに不都合が生じかねないので、自重しますが。
 


それにしても、こうして全曲まとめて聴くとこのアルバム、非常な良作ぞろいです。
「Village Green」のデラックスが出るまで、ここに収録された大半の曲が聴けなかったとは、アラン・クレインの罪は、こりゃあ相当重いね。
それに未だ公式未発表の2曲。
特に「Till Death Do Us Part」なんて、この時代のキンクス・フレーバーをたっぷり含んだ、いかにもレイらしい素晴らしい曲なのに、これ何で「Village Green DX」か、或いは「Picture Book」に入れなかったんかね?
 


さて、改めて言いたいのは、いくらロック・ミュージックが、言葉を換えれば一種の大衆芸能であるとはいえ、これはこれでひとつの立派な“文化”に他ならないということ。
その文化を公にする機会が、何らかの圧力によって奪われてしまえば、それに連なる次の文化が生まれてこなくなる可能性だってあるのだ。
これは、どう考えても、個人が所有権を主張してどうこうという次元の話ではないと思うのだがどうだろうか?
ビーチボーイズの「スマイル」とは違って、作者であるレイ・デイヴィスが発表を見送ったわけではないのである。
 

版権を得て、アルバムを出してお金を儲けるというならともかく、それもせずにリリースだけを拒み続けて、クレインという人は一体何がしたかったんだろうか?
僕はむしろ、ブートでもYoutubeでもなんでも、こういう良質な音楽を、違法と知りながら放出してくれるイリーガルな人に、最大限の拍手を贈りたいくらいだ。
 


読んでくれてありがとう!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
人気ブログランキングへ
↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| Something Else | 22:41 | comments(13) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - | pookmark |
コメント
いやぁ、エントリをご紹介いただきまして、恐縮です(笑) 我々にとっては非常に大きな鬼門である本作、陽の目を見る気配がまったくありませんね。
最初にレコで聴いたときに、未発表曲選なのにどれも引き込まれるものがありまして… 未発表曲集とはいえ、当時のレイ・デイヴィスの底力を垣間見た思いがしました。

現代はウィキリークスもsengoku38も国家機密をホイホイとネットに流布できる時代ですから、ブートネタは言わずもがな、ですね。違法は違法なんでしょうが、著作関係はネットに流れてしまうことを前提にしないと、管理する側にとっては収拾がつかないかもしれないですね。 ブート売買で闇金が動くより、無料で手に入る方がある意味健全なのかしら…(爆)
| いたち野郎 | 2011/01/08 2:42 AM |
いたち野郎さん

>ウィキリークスもsengoku38も

実はこのエントリー、これってどこかで聞いた話だなあ?と思いながら書いてました。
「隠すことで何を守ろうとしているのか」ということですよね。

ブートについては、僕はコンサートの隠し録りみたいのはあんまり感心しないんですが、今回書いたようなものについては、個人的に義憤を覚えていることもあり、支持したい気持ちになります。

>ブート売買で闇金が動くより、無料で手に入る方がある意味健全なのかしら
グレイトフル・デッドなんかは昔から録音許可してましたね。
ブート商法で儲けられることを考えれば、こういう方法もありなのかなと思います。
| Pandaboy | 2011/01/08 11:34 AM |
来月発売の初期3作品の二枚組にまさか収録されたりはしないですよね。。。

年代も違うしどうなんでしょう?

なんかあれだけ大量にボーナスいれたCDがいま出てるのに、どうして二枚組でるかもわかりませんよね!(笑)

そういえば長いこと延期されてるヴィレッジとアーサーとローラのデラックスVer。

もしかしたらあれに収録されているかも!

さすがに正規音源で欲しいですよねぇ〜(-o-;)
| Sunny Afternoon | 2011/01/08 6:31 PM |
キンクスの未発表曲がいくつあるかは分かりませんが、いっそ未発表曲だけを集めたアルバムを出して欲しいのが心情ですね。
僕はコレクターでは無いので、同じCDはあまり欲しくないです。去年出なかったデラックス盤も今度出ると噂されてるデラックス盤も困惑します。
未だにPICTURE BOOKも持ってないです(笑)。今はレイ師匠のソロをこつこつと集めてます。レイ師匠のソロもキンクス同様素晴らしい曲揃いですからね。
「WORKING MAN'S CAFE」のDVD付きを最近買って、DVDのレイ師匠がライブで頭に物を乗せるパフォーマンスを未だにやってて感動ものです。
| べーすぼーるべあー | 2011/01/08 7:46 PM |
私は紙ジャケボーナス付きでキンクスのアルバムを買い直した口です!K2HDリマスタリングが最高(キンクスのスカスカさは古いCDで楽しみます)ですのでしばらくはこれでいいかなぁと。

ちなみに私レイのアルバムももちろん全部持ってますよ(^o^)/DVD付きには4曲ボーナスついてたので私もそちら買いました。

ただレイのコーラルコレクション!あれは今年1曲プラスVer出やがりまして!笑

渋々買い直しました。


ちなみにデイヴのソロアルバムも紙ジャケで再発されたときに集めちゃいました。初期の2枚だけですが。


私も洋楽紹介しているのでURL載せておきますね(*^_^*)暇な時にでも遊びに来てください。

私の周りの人にもレコードコレクターの方がいるのでパンダさんと気が合うんじゃないかな?


では失礼しますm(_ _)m
| Sunny Afternoon | 2011/01/08 10:22 PM |
「The Great Lost Kinks Album」は、今でもそんな金額なのですね。
10年以上前にカット盤のLPを購入したときも、そんな金額だったような気がします。
当時は、なんとしても入手して聴きたい!と必死だったのを覚えています。
まさに便利な世の中ですね♪

そういえば、以前、CDで見かけたことがあります。
そのままコピーしたものって感じでした。

たまにしかコメントは書きませんけれど、いつも読ませてもらってます。
これからも楽しみにしています♪
| ぴょん | 2011/01/09 12:16 AM |
Sunny Afternoonさん

>ヴィレッジとアーサーとローラのデラックスVer
年代的にはこの辺に収録されてもよさそうなものですけど、昨年に出たリリース予告の曲目の中には見当たりませんでした。
あれだけ大量の曲の入った「Picture Book」にも入れていないところをみると、あるいはレイにも、もはや発表の意思がないのかもしれません。
| Pandaboy | 2011/01/10 9:24 AM |
べーすぼーるべあーさん

>僕はコレクターでは無いので、同じCDはあまり欲しくないです
僕も全く同じスタンスです。
僕は比較的早い時期にオリジナル・アルバムのCDを揃えてしまったので、後から出たボートラ付を非常に苦々しく思った口です。
ただ、それらボートラも他で買った編集盤等にほぼ収録されていたので、買い直しはせずにすみました。

でも、
>DVDのレイ師匠がライブで頭に物を乗せるパフォーマンスを未だにやってて
こういう話を聞くと、既に持っている「WORKING MAN'S CAFE」をもう一枚買いたくはなっちゃいますけどね。
| Pandaboy | 2011/01/10 9:34 AM |
ぴょんさん

>今でもそんな金額なのですね
ネットで見ると、お店によって5,000円から10,000円くらいと差はあるみたいです。

僕はあんまり物欲は無い方なのですが、昔はこれ欲しかったですね。
でも、「Village Green」のデラックスが出て、収録曲が一気に世に出てからは、それも少し落ち着きましたが。

>たまにしかコメントは書きませんけれど、いつも読ませてもらってます。
いつもありがとうございます。
コメントなんてたまに貰えるだけで充分ですよ。
これからもよろしくお願いしますね!
| Pandaboy | 2011/01/10 9:44 AM |
こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いています!
先日、紙ジャケにつられて「Muswell Hillbillies」のshm-cdを購入したのですが、音がキンキンしていてとても聴けませんでした…。音自体は98年版リマスターと同じはずなのに…?
こんなご経験はありませんか?
今度出るデラックスエディション(shm-cd)も怖くて手が出せません…。
| Sumi | 2011/03/04 8:13 PM |
Sumiさん

はじめまして!
いつもありがとうございます。

>音がキンキンしていてとても聴けませんでした
あらら、アコースティックな音が魅力的な「Muswell Hillbillies」がそれでは、聴けたものじゃないですね。

僕は経験と言うか、昔レコードで聴いていたものをCDで聴き直した時に、なんだか音が軽いなあ…、みたいなことは感じましたけど、日々進化している最近のCDではあまり気にならなくなっていました。

今度出るshm-cdが心配なのも良く分かります。
でも、これは手にしてみないと何も分かりませんからねぇ。
ましてキンクスじゃ、ショップで試聴も出来なさそうです。
| Pandaboy | 2011/03/05 1:46 PM |
はじめまして。

このサイトを初めて知り、興味深く楽しく読ませていただきました。

私はキンクス好きのレコード・マニアですが、こちらでいくつかキンクスを取り上げています。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n269742

今後ともよろしくお願いいたします。
| rocks_off1966 | 2014/06/01 11:10 PM |
こんにちは。
最近「キンクス日和」ブログを知りました。
どの記事も「キンクス愛」に溢れており、かつタメになる内容で、読んでいて楽しいです。
つきましては、リクエストを1つ。
キンクスのブートレグをお持ちでしたら、レビューしていただけないでしょうか?
私は、中古盤やセール品を見かけたらチラチラっと買う程度の
B級ファンですが、他の方々がどんな感想をお持ちなのか興味がある次第です。
特に年代・音質は問いません。わがままなお願いですがよろしくお願いいたします。

※テーマがブートレグのため、ご不快に思われましたらお詫び いたします。コメントを削除なさってください。


| kite | 2016/09/22 10:05 AM |
コメントする