CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< これは形を変えた自殺である | main | ロンドン・オリンピックとレイ・デイヴィス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
マスト・バイ・オウェイシス250

熱狂的なオアシス・ファンに聞かれたらブッ飛ばされそうだが、僕は去年の秋ぐらいから、オアシスの全オリジナル・アルバムを、ブックオフの250円コーナーだけで集めてやるという野望を、密かに抱いていたのである。

そして遂に今日、それがいよいよあと一枚を残すのみ、というところにまで漕ぎつけたものだから、単純に嬉しくてこれを書いているだけであって、だからキンクス日和的には、今回のこれは、まったくもってどうでもいい記事であることを、はじめにお断りしておきます。

さて、そもそも僕は、これまでオアシスになど何の興味もなく、図書館でたまたま見つけた「Heathen Chemistry」を、過去に一度だけ聴いたことがある程度であって、かつて全世界にあれほど吹き荒れたオアシス旋風など、全く知らずに生きてきたのである。
ところが、去年の9月にレイ先生がGQ主催の「Men Of The Year」を受賞した時に、ノエル・ギャラガーが授賞式の写真に先生と並んで写っているのを見て以来、俄然オアシスが聴きたくなって、最終的に上に書いたような野望を抱くに至ったのだ。
それならば別に普通にショップなりCDサイトに行って買えば良さそうなものだが、そこはあなた、新品一枚の金額で全てのアルバムが揃うという誘惑には勝てませんよ、ねえ。

とにかく僕は、今のところの最新作にしてラストアルバムの「Dig Out Your Soul」を除いた全てのアルバムを250円で揃えた。

経験から言うと、一番入手しやすいのが3作目の「Be Here Now」。
これはいつ行っても1〜2枚、多い時には5枚くらいが置いてある。
思うに、前作の「Morning Glory」が大ヒットしたものだから、次も売れると踏んだレコード会社が大量にプレスしたものの、内容が前作に追いつかなかったものだから、ガッカリした購入者が後からあとから売りに出すのであろう。
7分とか9分とかの、良く言えば壮大な曲が多くて、やや冗長に感じられる部分はあるものの、悪いアルバムではないのだけどね。
『My Big Mouth』とか凄いのも入ってるし。

で、逆に、手に入れるのに最も時間がかかったのは、今日入手したファーストの「Definitely Maybe」。
それから、やはり「(What's the Story) Morning Glory?」も、250円では滅多にお目にかかれないですね。
これは世界中で大ヒットして、相当な枚数が市場に出ているはずなのに、格安コーナーにまでなかなか降りてこないということは、みんなが手放さずにずっと持っているのでしょうか?
いまだに高値でも需要があるみたい。
名盤の証だと思います。

「Standing on the Shoulder of Giants」と「Heathen Chemistry」は、まあまあ普通に手に入る。
今日なくても、来週行けば必ず入荷していると言った感じでしょうか。
作品としては、特に「Standing on the Shoulder of Giants」について、一般的な評価があまり高くないのが気になっていますが。僕の感じでは、オアシスの中で最もビートルズに近いのは本作だと思います。
まあ、ビートルズと言うか、その「ギミック」に近いと言った方が良いのかも知れないけど。

あと、個人的に最も気に入っているのは、方向転換のようなことを言われて賛否両論だった「Don't Believe the Truth」。
昔のロックの良いとこ取りのオアシスの中でも、これが一番「昔回帰」したアルバムだと思う。
ただ、これは2005年と、比較的新しめのアルバムだから、250円では中々出なくて、手に入れるまでに苦労しました。

ということで、残るは2008年の「Dig Out Your Soul」だけなのだけれども、これは発表から僅か3年ということで、流石に250円での入手は困難か。
まあ、諦めずに気長に探します。
500円棚では最近見かけるようになってきてますしね。

ただしかし、およそ一年間、こんなことを半ば意地になってやってきて、実はオアシスに対しては冒涜というか、罪悪感もかなりあります。
こんなにも素晴らしいアルバムたちを、わずかな金額で手に入れてしまって申し訳ない気でいっぱいです。
アーティストのためには、本当は正規の価格で買うべきなんでしょうね。


読んでくれてありがとう!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
人気ブログランキングへ
↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| Complicated Life | 15:55 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:55 | - | - | pookmark |
コメント
おお!OASIS! 私は実はシングルのB面の良さに惹かれ(SladeやStonesやBeatles、さらにはBowieのカバー!)シングルまで全て集めた筋金入りのファンでございます!と言っても私も後追いですが。

OASISのShe’s Electricのブリッジ部分がキンクスのWonder Boyの拝借だったり、T.REXのリフを拝借したり。さらにはNew Seekersの完璧なコピーだったり!笑 60年代や70年代のロックへの愛情が感じられるのが嬉しいですよね!
とは言ってもOASISはサウンド的にはあまりBeatlesらしくないしさらには英国臭さをあまり感じさせないロックバンドだとは思いますが、、、

ていうかレイデイヴィスなんてイギリスのミュージシャンからしたらレノン並みに伝説ですもんね!しかもレノンよりいい意味で箔が無くて(雰囲気がないという意味)親しみやすいおじいちゃんて感じで笑

やばい長文になるのでこの辺で笑

あ、ちなみに名前は打つのめんどくさいのでアメブロと同じノリアンに変更しましたのでm(_ _)m
| Sunny Afternoon改めノリアン | 2011/07/31 10:47 AM |
こんばんは!OASISは自分はリアルタイムで5thアルバムからハマったのですが、キンクスとはまた違った魅力満載でいいですね。
リアムの声は段々ゲロ声になりますが逆に兄のノエルは上手くなっていく反比例を楽しむのも乙な感じです。
キンクスに似てるというかPVでは6THアルバムの「THE IMPORTANCE OF BEING IDLE」は「DEAD END STREET」を彷彿するような白黒の棺桶ものでお勧めです。ノエルの無駄に上達した歌声が聴けますし(笑)。
シングルのB面もマスタープランというB面ベストアルバムがありますがそれにも入ってないのがありその中でもこれまた名曲があるのでお薦めですね。
| べーすぼーるべあー | 2011/07/31 5:34 PM |
ノリアンさん

ヤバッ!こんな所に筋金入りのファンがいたとは!
いや、僕も安く手に入れたとはいえ、今ではかなりのファンですからね。

>サウンド的にはあまりBeatlesらしくない
オアシスに対して、よく「ビートルズに対する90年代からの回答」というような言われ方をしますが、実は僕もどの辺がビートルズなのかピンと来ません。
本文に書いたように、テープの逆回転とか、あとベースラインが似ているとか、まあ、その程度の類似性を感じるくらいですかね。

それよりも、ノリアンさんがおっしゃるような
>60年代や70年代のロックへの愛情
という部分の方が重要で、「おお!こりゃキンクスじゃん」とか「この出だしってピストルズだよね」みたいな、再発見の楽しさがあります。
普通これをやると「パクリ」ということになるのでしょうが、オアシスにこれがないのは、うわべだけの物真似じゃなくて、60〜70年代ロックを、自分たちの血肉の中にきちんと取りこんでいるからでしょう。
先人に対するリスペクトもハッキリと感じます。
| Pandaboy | 2011/08/01 12:16 PM |
べーすぼーるべあーさん

僕はリアルタイムでは全く聴いていなかったので、バンドの成長を体感するような楽しみはありませんでした。

>THE IMPORTANCE OF BEING IDLE
PV観ました。
こりゃホントだ『Dead End Street』を彷彿とさせますね。
本文に書きましたが、僕は「Don't Believe The Truth」が一番好きなアルバムで、中でもこの『The Importance Of Being Idle』が特に気に入っていたので、PVの出来にも大満足です。

>マスタープラン
実はこれも250円にて購入済み。
ただ、おっしゃるように、ここに入っていないB面曲もたくさん存在するわけで、これをどうしようか。
うーん、悩ましいですね。
| Pandaboy | 2011/08/01 12:18 PM |
コメントする