CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 負け犬だって夢を見る | main | ザ・グレアム・グールドマン・シング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
デイヴ・デイヴィス「Satsang Weekend」のライブ音源



長らく“デイヴ星”にお住まいのデイヴ・デイヴィス先生が、昨年9月に地球に帰還して「瞑想の週末」イベントを開いたことは以前にもお伝えしましたが、その時のライブ音源がYouTubeにアップされてましたので、ここに貼っておきます。

開催前のデイヴによる告知文には「瞑想と説教、ヨガ、霊気、ロック・パフォーマンスとマントラ、それにキールタン・セッションもあります」みたいな、門外漢には「ロック・パフォーマンス」しか理解できないような、そんな解説がありました。
だからこれは、その唯一理解できる「ロック・パフォーマンス」の一部みたいですね。

7分40秒くらいのところに、当日のバンド・メンバーの紹介があって、そこではデイヴがリードギターということになってるけど、他にセカンドギタリストもいるみたいだから、実際にはどっちがどのように演奏していたのか、音だけじゃちょっと分からない。(確かにギター2本の音は聴こえるけれども)
彼は本当にギターが弾けるまでに回復したんだろうか?
演奏の映像がないものだから、ついつい疑いの目で見てしまいます。

セットリストは
 1. You Really Got Me
 2. Death Of A Clown
 3. Hare Krishna
 4. Love Me Till The Sunshines
 5. You Really Got Me
となっていて、実際にその通りの音が流れてますけど、当日もこれでオシマイだったのか、あるいは他にも演奏したのか、その辺は全く分かりません。
そもそもが、こんな音源が流れるというだけでも驚きもんですからね。

ここで流れるデイヴの演奏、それからそのヴォーカル、これをどう捉えるかはそれぞれだと思うんですけど、正直なところチョットきついかなあというのが僕の印象です。
まあ、パンクといえば言えない事もないですけどね。

あと、映像の中に、今年の4月に「Dave Davies Satsang 2」をやるよ、みたいな文字が見えていて、こちら的にはちょっとゾッとします。
デイヴさん、まだこれ続けるんですかぁ?って感じです。


はぁ…
そろそろデイヴ先生も、ゆうこりんみたいに「あれはキャラでした」とか、カミングアウトしてくれないかね。
…って、さすがにこれはキャラじゃないか…。

これじゃあ、キンクス復活の夢は、今年も叶わずに終わりそうですな。


いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
人気ブログランキングへ
↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| Around The Kinks | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/252
トラックバック