CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 5月病ふたたび | main | 「Kinks At The BBC Box 」のスゴイ内容! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ビージーズとかビーチボーイズとか
むかし、グラハム・ナッシュがクラブで飲んでいる時に、ものすごい美女から「一緒に踊ってくださらない?」と誘われたのだけれども、彼は色香に迷うことなく、即座に「ロッカーは踊らないんだ」と言って断った、という逸話を読んで、そのカッコよさに卒倒しそうになったものだから、僕はそれ以来、ロッカーは踊らないものだと信じ切っていた。
だから、「メロディ・フェア」とか「マサチューセッツ」の頃ならともかく、ダンスナンバーが中心となった後のビージーズには、何の興味もなく最近まで過ごしていたのだ。

ところが、この前の日曜日に、ちょっと図書館に立ち寄った時に、CDのコーナーを見ていたら、ビージーズの「グレイテスト・ヒッツ」というのが目に留まって、



その時になぜだか「聴かず嫌いはいかんなあ」とかいう考えが頭をよぎり、柄にもなくこれを借りてきた翌日に、このたびのロビン・ギブの訃報である。

思えば、こういうことはマイケル・ジャクソンの時にもあって、そのことは当時、このブログでも記事にしている。
僕はそもそも霊感などこれっぽっちも持ち合わせてはいないけれども、ちょっと妙な気分ではある。

ところで、ロビン・ギブといえば、晩年は『Heritage Foundation』という団体の代表になったりして、社会的な活動も行っていたようだ。
イギリスの各地には、その土地にゆかりの人物を記念した「ブルー・プラーク」という、標識のようなものが建っていたりするけれども、この設置を推進するのも『Heritage Foundation』の活動のひとつである。
それで、去年の10月には、デイヴィス兄弟やピート・クエイフの母校である、マスウェル・ヒルのFortismereという学校に、そのピートのプラークを設置してもらったりしている。
だから、僕は、クモの糸のように細くて薄ーい縁だけれども、ロビン・ギブには、そのことでほんのちょっとだけ感謝したりしているのだ。


CDの話に戻るけれども、どうもこういう音楽は踊りながら聴かなきゃならんという先入観が長いことあって、それでこれまで見向きもしなかったのだけれども、実際聴いてみたところ、何と申しますか、これって踊らなくても聴ける音楽なんですね。
歩きながらでも普通に聴けます。
…まあ少しステップがおかしくなったりもしますけど。
やはりディスコ転向前までの、色々な音楽的蓄積のなせる技なんでしょうかね?
ちょっとした新発見でした。

改めて、ロビン・ギブさんのご冥福をお祈り申し上げます。



さて話変わって、このところ、一向に面白くない世を忍ぶ仮の社会人生活を送っている間に、世間ではこんなことになっていたんですね。



ブライアンのいるビーチ・ボーイズの新曲が「That's Why God Made The Radio(神の創りしラジオ)」なんて、もうこのタイトルだけでドンブリ3杯いけそうです。

同名のアルバムの方も、6月5日に発売ということで、ああ、もうその頃にはこのクソ面白くもねえ毎日が終わっているのね!

早くその日が来ることを夢見て。
それじゃあ、また。



いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

| Complicated Life | 19:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:52 | - | - | pookmark |
コメント
またもやこんばんは。ビージーズはKINKSを好きになる前にオールタイムのベストを友達から借りそこからハマったわけですが、
ロビンさんの訃報でちょっぴりしょげてました。その前のドナ・サマーさんの訃報で軽くネガティブな感じでしたが。
こうも好きなアーティストの訃報を聞くと仕事する手も沈んでいくのですがそうもいかずSTAYIN' ALIVEのノリでやりきってます(笑)。
BEE GEESのベストアルバムが図書館にあるとは凄いですね。おそらくこちらの図書館はCDさえ置いてません(笑)。
このベストアルバムはLP時代片面ごとにコンセプトがあるとってもディスコ期で最適でマニアックなベストですよ。
僕は旧CD盤とそのリマスター再発盤持ってますが、リマスター盤のが音もよし、ボーナストラックも豪華で聴きやすいと思います。

オリジナルアルバムのクオリティもKINKSに負けず劣らず渋い期間から踊る期間までジャンルの幅が広いです。
| べーすぼーるべあー | 2012/05/24 12:25 AM |
べーすぼーるべあーさん

アルバム解説ありがとうございます。
>このベストアルバムはLP時代片面ごとにコンセプトがある
言われてみれば、傾向の似た曲が、何曲かずつまとまって収録されているような気もします。
解説もろくに読まずに聴いてるので、コメント見るまで気付かなかったです。

>KINKSに負けず劣らず〜ジャンルの幅が広いです
キンクスも音楽的な変遷はありましたけど、ここまで転換したグループも珍しいんじゃないでしょうか?
初期のファンって、ディスコ時代にもちゃんと付いていけてたのかな?

| Pandaboy | 2012/05/25 2:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/280
トラックバック