CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 「Kinks At The BBC Box 」のスゴイ内容! | main | レイ・デイヴィスがBig Star tributeに登場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Village Green 全曲解題9「Picture Book」


 年とった自分自身を想像してごらん
 暖炉のそばに座ってあれこれ思いを巡らすんだ
 写真帳
 ずっと昔にパパが撮った君のママの写真
 写真帳
 ずっと昔にお互いの愛を示すために撮りあった写真
 ピクチャーブック 写真帳

 誕生日のおめかしをして
 暑い午後の陽ざしの中に座ってる君の写真
 写真帳
 君のママと君のパパ
 それに友達と一緒にへべれけになっている
 太っちょのチャーリー伯父さん
 写真帳
 8月の休日、明るいサウスサイドのペンションの前で撮った
 写真帳
 昔々、君が幸せな赤ちゃんだった頃のものだよ
 ピクチャーブック 写真帳

 写真帳 写真帳
 スクービィ・ドゥビィ・ドゥ
 写真帳 写真帳
 スクービィ・ドゥビィ・ドゥ

 写真帳
 ずっと昔にパパが撮った君のママの写真
 ずっと昔
 ずっと昔
 ずっと昔


このことは以前にも書きましたが、「Village Green Preservation Society」アルバムには、互いに対になる曲がいくつか含まれています。
すなわち「Village Green Preservation Society」と「Village Green」はタイトル繋がり、「Phenomenal Cat」と「Wicked Annabella」は童話繋がり、それに「Monica」と「Polly」(もっともこれは最終的にアルバムからは外されたが)は強い女性(?)繋がり、といった具合です。

加えてこの「Picture Book」。
これは同じ“写真”繋がりで「People Take Pictures of Each Other」とのペアと考えて間違いないでしょう。
ただし、これは次回に書く予定の「People Take 〜」の方で検証しますけど、ふたつを並べてみてみると、同じく写真のことを歌いながらも、この2曲ではその捉え方がずいぶん異なっているのが分かります。

単純に分けると、写真というものを、どちらかと言えば肯定的に歌うのが「Picture Book」。否定的(と書くとちょっと言葉がきついけど)に歌うのが「People Take 〜」。
そして、色々な資料から察するに、レイ・デイヴィスという人は、どうも“写真否定派”に属しているようなのです。

それじゃあ、なぜ彼は写真を否定するのか。
これについては、次回詳しく触れます。

それから、この曲の中でもう一点、注目しておきたいのは、歌詞の中で歌われている写真は、主人公が子供の頃の、遠い昔のものばかりであるという部分でしょうか。
歌詞に出て来る「君」という人物(=レイ・デイヴィス?)は、遠い昔の赤ちゃんだった頃は幸せだった。
ということは、いまは幸せじゃないのでしょうか。だとすれば、一体それはなぜでしょう?
このことについても、次回触れます。


どうも今回は、次の記事のための前ふりだけで終わりそうですが、ここでちょこっとだけ、以前から書いている、僕の勝手なストーリーに照らして、この曲の立ち位地を検討しておきますと…

Village Greenから出てきた主人公は、ロック・ミュージシャンとして成功を収めました。しかし、スターとしての狂騒の日々に疲れてしまい、そのような毎日にうんざりもしています。
そんな時、ふと思い出したのがウォルターという旧友の名前。
そして、そのことがきっかけとなって、昔日の記憶が愛おしくなり、家から持ち出していた古い写真を眺めては、故郷への思いを強くしていく。
…といった感じでしょうか。

…どうもこの曲と、「People Take 〜」では、“写真”という存在そのものに歌詞の重点が置かれているせいか、ストーリーに当てはめるのは難しいです。

…っていうか、ほかの曲も全部難しいですけどね。


いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

| VillageGreen全曲解題 | 22:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - | pookmark |
コメント
少々ご無沙汰いたしました。
何故かこの曲だけはヨメのお気に入りです。
スクービ〜♪あたりがツボらしいのです。
他にもいい曲がモリモリあるぞと言っても響かず、
布教活動が暗礁に乗り上げたままです。
がんばります。
| 寝損 | 2012/06/10 9:21 AM |
寝損さん
コメントありがとうございます。

レイ・デイヴィスが、コーラス隊と共演したアルバム「The Kinks Choral Collection」でこの曲を聴くと、そのコーラス部分が、僕には「ドリフのズンドコ節」に聴こえて仕方ないんですよね。
氷川きよしもカヴァーした、あの「ズンズンズンズンズンズンドコ♪」ってやつです。

奥さんがこの曲“だけ”を気に入ったてことは、意外とこれって、日本人の郷愁を誘うメロディーなのかも知れませんよ。

布教活動のほうは、引き続きよろしくお願いします。
| Pandaboy | 2012/06/10 11:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/282
トラックバック