CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< キンクス・カヴァー・コンテストの優勝者が決定 | main | レイ・デイヴィス秋のUKツアー最新セットリスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ダウンロード厳罰化で音楽ブログは衰退しました
基本的にヘタレなので、お上に楯突こうなどという気持ちはサラサラないのだが、昨日(10/1)から改悪された著作権法、所謂「違法ダウンロード刑事罰化」とか呼ばれるアイツはダメだ。意味分かんない。

政府広報オンラインとやらを見ると、法のあらましは概ねこんなこと↓であるらしいのだが、

▲平成24年10月1日から著作権法が変わります
▲違法なインターネット配信から、販売または有料配信されている音楽や映像を、自らその事実を知りながら、著作権者に無断でダウンロードするような「違法ダウンロード」(録音・録画)が、新たに刑罰の対象となります
▲違法ダウンロードは、音楽や映像などを創作した人などの正当に得るべき利益を損ない、新しい作品の創作などを妨げ、ひいては文化の発展に悪い影響を与えます
▲音楽や映像を違法にダウンロードしないようにするためには、「エルマーク」がついているサイトなどの正規の配信サイトを利用しましょう
▲また、個人的に利用する目的であっても、コピー防止機能がついているDVDを自分のパソコンなどに取り込む行為(リッピング)は、新たに違法となり、また、このようなコピー防止機能を解除するプログラムなどを作成や譲渡などした場合が刑罰の対象となります

違法性のガイドラインが非常に曖昧であって、これではいたずらにユーザーの不安を煽るだけだ。
現にネット上では、様々な立場の人が様々なことを言い合っていて、一体何が真実なのか一向に分からず混迷している。

法の要旨を超簡単にまとめると、
有償で提供されている音楽や動画を、違法な配信と知りながらダウンロードする行為が処罰の対象となり、これに違反すると2年以下の懲役または200万円以下の罰金
ということなのだが、じゃあYoutubeはどうなんだとか、テレビ番組の保存はどうだとか、CDのコピーはいかんのか、とかいう議論が、際限なく繰り広げられている。


まあ、僕のところはYoutubeの貼り付けや、向こうの新聞記事を勝手に訳して掲載したりしている極悪ブログなので、著作権に関してはあまり大きなことは言えないんだけれども、しかし、それによって「音楽や映像などを創作した人などの正当に得るべき利益を損ない、新しい作品の創作などを妨げ、ひいては文化の発展に悪い影響を与え」る気持などは毛頭ない。
むしろその逆を狙っているつもりである。

先の政府広報でチャンチャラ可笑しいのは、
“著作権法によって、音楽や映像を創作したアーティストや制作会社などには、その音楽や映像についての著作権が与えられます。これにより、通常、音楽や映像がCDやDVDとして販売され、または有料配信されると、それを創作したアーティストや制作会社のもとに収入としてお金が入り、この収入により得られたお金で、さらに新しい作品を創作したり、次世代のアーティストを育成したりすることなどができ、より豊かな文化の創造につながることになります” という記述だ。

つまり「文化の創造」は金次第ということなんだな。
それでは「握手券」とやらの封入で、ジャブジャブ儲けている某国民的アイドルのブレーンは、さぞや素晴らしい文化を創造してくださることでしょうね。
しかし、その豊かな文化の創造を阻害する要因が、違法ダウンロードというのは、これは少々短絡的に過ぎると言わざるを得ない。

その昔キンクスなんかは、アメリカから締め出されて、レコードも全然売れなかったけど、それでも素晴らしい文化は創造したぞ。
それを考えたら現代の日本で、豊かな文化が創造できないのは、これは違法ダウンロードのせいなんかじゃあ、全然ないじゃないか。


いずれにしても法律は施行されてしまった。
この法律の影響は、うちのブログにも少なからず出てくると思う。
これは非常に自分に甘い解釈ではあるのだが、どうやらYoutubeの貼り付けだけならOK。読んでくださってる皆さんも、視聴するだけなら違法とならない。ただし、その動画をPCに取り込むのは違法ということらしいので、今後についてはできるだけその方向で書いていこうとは思っている。
それでもやっぱり窮屈なことには違いない。

僕ももちろん、他人の著作権を侵害する行為は違法であると考えるし、海賊版の販売などには、どちらかと言えば昔から反対の立場だ。
しかし、ネットの自由度にまでメスをいれてきて、ユーザーを萎縮させる行為には、はっきりとした違和感を覚える。
今回のこれを受けて、色んなブログなどでは、記事の内容を自重する動きも出ているようなのだが、いずれACTAも動き出せば、自重どころで済まなくなることは目に見えている。
音や映像なくして、音楽を伝えるブログなどは手足をもがれたも同然となることは必至。全滅に近い惨状となろう。

例えば日本のアニメや、きゃりーぱみゅぱみゅの海外での高評価も、ネットによる世界中への拡散なくしては、あり得ない現象ではなかったか。
そうしたプラス面に目を向けず、何とも曖昧模糊とした著作権を守るためにネットを殺すとは、「より豊かな文化の創造」が聞いて呆れるではないか。


いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

| Complicated Life | 23:17 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - | pookmark |
コメント
pandaboyさん、こんにちわ。
こういう記事には食いつかなくてはなりますまい(笑

僕はこの一言に尽きますね。
「ま、やってみればいいんじゃない? 売れるといいねCD・DVD、守られるといいね著作権の皮を被った既得権益」

彼らは文化云々なんて本当はどうでもいいんですよ。
懐が寒くなるのがいやなだけで(笑

日本の著作権を守るシステムは根本的におかしいですからね。
自分が作った曲を自分で演奏して、他人に使用料を払って、それが自分に分配されているかさっぱりわからないなんて…。

僕は一度とことん壊滅した方がいいと思っています。


| Graham | 2012/10/03 3:05 PM |
Grahamさん

例えば1,000円のCDが売れたとすると、その内の500円くらいがレコード会社の取り分となり、あとは流通とか販売店に持って行かれて、肝心のアーティストには7円だか9円だかしか入って来ない、というのを聞きました。
それを考えたら、彼らの言う文化云々がいかに胡散臭いかが分かります。
「著作権の皮を被った既得権益」というのは言い得て妙だと思いますね。

今回の改正著作権法ですが、一番の問題点は、何がOKで何がNOなのかという基準を、著作権を管轄する文化庁でも把握しきれていない、という部分だと思います。
例えばYoutubeのキャッシュがPCに残るのは違法かどうかの判断にしても、
『文化庁著作権課では処罰対象にならないと判断している。ただ、これらの判断が司法で覆る可能性もあり、「処罰対象にならなくとも、違法ファイルの利用自体が好ましくない」としている』
という見解であって、国民に遵守させるにしてはひどく曖昧な言い回しです。
そもそもYoutube等で観る映像が、果たして合法なものか違法なものかなんて、普通のユーザーには見分けがつかないんじゃないでしょうか?

冗談じゃなくて、国民全員を容疑者にする可能性を、この法律は秘めていると思いますね。
ほかのロック系ブログが、この件についてほとんど何も書いていないのが不思議です。
| Pandaboy | 2012/10/03 4:50 PM |
ガイドラインを提示する側が良く理解していないわけですから、音楽ブログでもどう対応していいのか戸惑っているんじゃないでしょうか?
また、正直バカバカしくてやってられないという思いもあるかもしれませんね。

僕もまだ対応に悩んでいるところです。
とりあえず、当面静観という感じです。

国民が疲弊するのが先か、業界のシステムが崩壊するのが先か、はてさて。
プリザヴェーションのTrampを気取って(笑
| Graham | 2012/10/03 5:11 PM |
Grahamさんのところの、Youtubeへのリンク全削除というのを以前に見て、ああこれは今回のような事態を見越した動きだな、というのは分かっていたんですが、僕のところは記事の説明に動画を使っていたりするので、今のところ全部そのままにしてあります。

まあ、違法な動画ならアップ元の方で削除するでしょう。
結局僕も、当面静観というスタンスになりますかね。
| Pandaboy | 2012/10/03 5:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/308
トラックバック