CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Preservation Act1 全曲訳7「Cricket」 | main | Preservation Act1 全曲訳8「Money & Corruption / I Am Your Man」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
War Is Over



 老兵たちがあの戦争を語り合う
 より良い世界を創るために戦ったのだと
 夢を実現するために
 彼らは人生を賭したのだ
 今では彼らを知る者も少なくなってしまったが

 戦争は終わった
 争いは遠い昔のこととなった
 戦争は終わった
 
 戦闘に勝ちはしたが
 そこに見るべきものはあっただろうか
 
 行軍し 共に戦ったのは
 次の世代が自由になり
 より良い世界を築き
 新しい社会を創るためだった
 全ての階級が調和する社会を
 
 戦争は終わった
 全てを水に流そう
 戦争は終わった
 兵士は家路に就く時だ
 
 富める者も 富まざる者も
 希望と栄光のために戦い
 歴史を創ったのだ
 国民の歌声はひとつになる
 勝利に向かって鬨の声が響く
 
 戦争は終わった
 報国の友はもういない
 戦争は終わった
 以前の暮らしに戻る時だ
 
 我々は腕を組み
 心を込めて愛国の歌を歌った
 喜びの涙は悲しみを隠す
 将来に向かって再び会おう
 新たに創られる世界と共に
 “auf weidersein(さようなら)”を言おう

 我々に何をしてくれたのか
 我々に何を証明したのか
 物言わぬ墓の前に立ったとしても
 名もなき兵士は救われることがない
 
 戦争は終わった
 全ての兵士は家路に就く時だ
 戦争は終わった


1989年のアルバム『UK Jive』の中の一曲。
この年にようやく終結が宣言された、フォークランド紛争をイメージした曲と言われていますが、その歌詞は古今の全ての戦争に当てはまるような内容になっています。

どちらかの国が勝ち、どちらかの国が負ける。
そうした表面的な事実とはまた別に、敗戦国はもちろん、戦勝国にさえも、命を落とした名もなき兵士は必ずいます。

つまるところ戦争には、絶対的な勝者など存在しないということです。

いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

| Something Else | 22:05 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんは。今日は終戦日でしたね。
UK JIVEは好きなアルバムですが、僕のは輸入盤なので歌詞はこういう内容だったんですね。
戦争は理由はどうあれ犠牲しか生まないので戦争の無い世界になって欲しいですね。
| べーすぼーるべあー | 2013/08/15 10:52 PM |
べーすぼーるべあーさん

このところキンクス関連にはこれといったネタもなく、8月15日なので何となく書いてみたエントリーでした。
コメントありがとうございます。

それはそうと、お互いにブログが5周年だというのを、そちらのブログで気付きました。
上に書いたようなわけで、最近行き詰ることの多い当ブログですが、今後ともよろしくお付き合いください。
| Pandaboy | 2013/08/16 4:21 PM |
この世から、戦争が無くなりますように・・・(祈)
| kinks mama | 2013/08/19 12:43 PM |
kinks mamaさん
お久しぶりです。

>戦争が無くなりますように
先ず一番は、人間そのものが変わることでしょうね。
“War Is Over If you Want It”とは良く言ったものです。
| Pandaboy | 2013/08/19 3:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/360
トラックバック