CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Preservation Act1 全曲訳9「Here Comes Flash」 | main | Preservation Act1 全曲訳10「Sitting In The Midday Sun」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
オール・オブ・ザ・ナイトがH&Mのキャンペーン・ソングに


思いっきり手前味噌になるけれども、やっぱりキンクスは時代を超越してたことが、これで証明されちゃいましたね。

だって、いまH&M2013年秋のキャンペーン・ソングとしてTVで盛んに流れている、このジゼル・ブンチェンが歌う「All Day and All of the Night」は、これオリジナルが出たの1964年10月23日ですよ。
キンクス4枚目のシングルとして世に出たのが1964年の10月。

ということは、年月日だけ言ってもピンと来ないかも知れないので、あえて付け加えるけれども、1964年10月というのは、ちょうど前回東京でオリンピックが開催されていた時期でありまして、今から何と49年も前のことなのです。

それがまあ、アレンジの力はあるにしても、しかし今からおよそ50年も前の曲が、ファストファッション・ブランドの最新のキャンペーン・ソングに採用されて、キンクスなんか何も知らない若い子たちがそれを聴くというね、なんかやっぱりこれはスゴイことだと思います。

まあ、これをきっかけに若い子がキンクス好きになるというようなことは、僕はもはやそれは期待しないけれども、でもカヴァーとはいえキンクスの曲が世界中で流されて、老若男女問わず沢山の人に聴かれるというのは、それはそれでとても嬉しい。

ちなみにジゼル版「All Day and All of the Night」は、H&Mのサイトから数量限定で無料ダウンロードできるほか、iTunesストアで購入すると、その収益の一部が、途上国の子供たちへのワクチン購入費としてユニセフに寄付されるということなので、キンクスなんかは昔からあんまりチャリティーとかには縁のないバンドだったけれども、時にはこういうような使われ方をするのも悪いもんじゃないと、いちファンとしては感じております。



いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★

| Something Else | 19:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:17 | - | - | pookmark |
コメント
少しご無沙汰しております。

これは素直に嬉しいニュースですね!
セブン○レブンの清志郎のように、コマーシャルで流れると老若男女みんな知ることにもなりますし。

キンクス好きの独特感も大事にしたいし、でも時々メジャーな面もごく稀に見てみたい時もあったりします。

でも、やはり嬉しいニュースですね!
| macha | 2013/09/18 4:11 PM |
machaさん
コメントありがとうございます。

うちのブログのアクセス解析を見ると、この2〜3日は「H&M」で検索して来られる人が非常に多いです。
今回のCMは、音楽はもとより映像としてもカッコいいので、皆さん注目されているみたいですね。

ただ、それはそれで嬉しい反面、machaさんがおっしゃるように、キンクス好きの密かな楽しみが見つかっちゃったみたいで、嬉しいような残念なような、なんかちょっと変な気分です。

ちなみに、僕はあのCMが流れると、無意識のうちに必ず一緒に歌ってしまうので、家の者からは怪しい目で見られております。
| Pandaboy | 2013/09/19 3:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/364
トラックバック