CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 運命は扉なんか叩かない (みたいです) | main | Do It Again >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013年を振り返る


毎度お馴染み、年末の振り返り記事であります。

昨年は、ロンドンオリンピックや、レイ先生の来日のような、日本にいても実感できる、派手なニュースの多い年でしたが、今年はどんな年だったでしょうか。

実は、あのオリンピックの閉会式以降、昨年の秋くらいから、キンクス関連の話題というのは、非常に乏しくなっておりまして、うちのブログとしても、今年2月中旬あたりまでは、ネタに困って青息吐息の状態でした。

そんなところに、ようやく2月の末になって入って来たのが、「Lola」と「Muswell Hillbillies」のデラックス・エディション発売のニュース。
ただ、これは当時はまだまだ未確認情報で、ネタとしてはちょっと小粒でしたね。
実際「Lola」は未だにリリースされていないみたいですし。

ところがそんな中、3月末に飛び込んで来たのが、正真正銘のビッグニュース。デイヴ・ディヴィスのステージ復帰情報。
続いて4月には、ニューアルバムのリリース情報も出て、うちでもこの時期、デイヴの話題が一気に満載になりました。

なにしろ、2004年6月に脳梗塞で倒れて以来、デイヴの健康不安は、まる9年もの間ずっとささやかれていたうえに、2010年には一旦アナウンスされたアメリカツアーが、ドクターストップで中止になるという前例もあったりで、だから今年の彼の復帰劇というのは、ファンにとっては、これはもう大変な朗報だったわけです。
だって、キンクスが再始動するための、最大の障害が消え去ったということですからね。

だから、5月の末から実際にツアーが開始され、同時にニューアルバム「I Will Be Me」がリリースされるに及んで、この時期、僕もちょっとしつこいくらいにデイヴの話題を書いてしまったのでした。

そのようにデイヴが活躍する一方で、昨年までキンクスの話題の中心だったレイ先生は、上半期ほとんど沈黙しています。

例年行っていた、英米を回るソロツアーも、今年はやらなかったみたいだし、ステージといえばいくつかのフェスへの出演のみ。
個人的には、これは復活したデイヴの引き立て役に回る作戦なのか、と勘ぐったりしましたが、とにかくレイ先生はおとなしかった。

今年の先生の話題といえば、10月に上梓された、著書のAmericanaのみでありまして、この前後は本のプロモーションにかかりっきり。音楽家としてのレイ・ディヴィスは本当に影の薄い印象でしたね。


さて、そうした個人個人の活動とはまた別に、今年もまた盛り上がりを見せたのが、毎年恒例の再結成トークでした。

ただ、毎年恒例と言っては確かにそうなんだけれども、今回のはやはり来年がキンクスデビュー50周年ということで、例年よりもやや真実味がありました。

というのも、こういう話は、普通はレイが口火を切って、来週にはデイヴと会うだの、デイヴ抜きでツアーに出るだのと、マスコミを散々煽った挙句、最後にはデイヴに、そんな話は全く聞いてない、とか言われて終わるのが通例なのですが、今年のはどうも様子が違っていたのです。

6月頃に行われたインタビューでは、再結成は全く分からないと答えていたデイヴが、9月になると唐突に、夏の間にレイと今後に向けての話し合いをした。キンクス再編の可能性は50/50であり得ると発言します。

その後、10月にはレイ先生もBBCのニュース番組に出演して、これを裏付けるかのように、二人で新しいものを作ろうと話してる、的な内容の発言。

更にはデイヴからの、レイと打ち合わせた通り、(キンクス再編に向けて)いま曲を書いているところだ、といった発言。

こうした一連の話題は、デイヴの口から「12月に二人で会う」という方向性だけが示されたまま、現在そこでストップしている状態ですが、もしもその話が進んでいるとしたら、今頃には既に会談は終わっているはず。

泣いても笑っても、あと数日でやって来るアニバーサリー・イヤー。
なんか、海外のサイトとか、キンクス関連のフォーラムなどでは、来年の活動再開は、既に規定路線みたいになっている感じなんですが、果たしてディヴィス兄弟は、どんな結論を出したのか、しばらくはその行方に注目ですね。

ただ、因みに申し上げておきますが、レイ先生に関しては、来年3月から「Americana Storyteller shows」と銘打った、朗読と歌と映像からなるステージの、、小規模なツアーを行うようで、だから、年明けからいきなりキンクス再開というような心算は、今のところなさそうです。


というわけで、今年も一年、キンクス日和にお付き合いいただき、ありがとうございました。

また来年もキンクスのニュースと、あと可能であれば、暇を見つけてPreservationアクト2の全曲訳にも取り組んでみたいと思っておりますので、たまには覗きに来てやってください。

それでは、皆さん良いお年を!


いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓ ★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓ ★お願いします★


| Something Else | 00:40 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - | pookmark |
コメント
このブログのおかげで、楽しい一年でした♪

パンダボーイさんもよいお年を(^_-)-☆
| kinks mama | 2013/12/30 2:46 PM |
高校生の頃からこのサイトに入り浸り、日本で唯一の?キンクス情報サイトとして長いこと楽しんできました。いまもまだ大学生という学生の身ではありますが。笑

こう考えると四年間ぐらい私はこのサイトの読者なんです!笑 四年間なんて少ないかもしれませんが、いかんせん学生時代は時間が経つのが遅いのと、また青春をこのサイトと共にしていることから、感覚的には四年よりももっと長くこのサイトを愛読している気分になっています。

ちなみに私はいまイギリスに留学しているのをいいことにヨーロッパ中を旅して周りまくっていて、今日はベルリンのハンザスタジオとかボウイがかつて住んでいたアパートとか、彼ゆかりの地に行ってまいりました。

キンクスゆかりの地なんかも、イギリス留学中にどんどん行こうと思いますので、その時は私のレビューなんかも読んでいただけたら幸いです。

そして最後に、このサイト、パンダボーイさんのペースで構いませんので、どうか末長く続けていただけたらと1ファンとして願っております。

よろしくお願いしますね。それではいい新年を。
| ノリアン | 2013/12/31 3:35 AM |
kinks mamaさん

こちらもママさんの、いつも前向きな(ハイテンションの?)コメントで楽しませていただきましたよ。

来年もよろしくお願いしますね!
| Pandaboy | 2013/12/31 11:17 PM |
ノリアンさん

あお、初めて書き込みを頂いてから、もう4年も経つんですね。
このブログ自体、今年でようやく丸5年を迎えた訳ですから、そうして考えるとノリアンさんは、本当にうちの最初期からのお友達なんですよね。
いやあ、長いことありがとうございます。

僕が、ここでちょっと小難しいというか、独りよがりなことを書いて、誰にも分かってもらえないだろうなあ、と反省しているような時に、ピシッと的確なコメントをくれるのがノリアンさんでした。
今回初めてノリアンさんの年齢を知りましたが、あれが当時高校生だったなんて、驚きです。

いまのヨーロッパ生活はつくづく羨ましい限りですが、どうぞ一日一日を大切に、日々を成長の糧にして戻ってきてください。

来年もよろしくお願いします。
| Pandaboy | 2013/12/31 11:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/380
トラックバック