CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< デイヴのロンドン公演最新セットリスト | main | Happy Birthday Mr.Ray Davies >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
サニーアフタヌーン・ミュージカル上演中
昨年の暮れ頃から話題が出ていた、初期のキンクスをテーマにしたミュージカル、その名も「Sunny Afternoon」が、ロンドンはHampstead Theatreにて、4月14日に初演を迎えたみたいです。

色んなレビューを要約すると、なんでもこれはマスウェルヒルでのデイヴィス兄弟の生い立ちから、バンド結成、マネージメントとの法廷闘争、アメリカからの締め出し、そしてメンバー間の軋轢などを描いたストーリーということで…

まあ、キンクスファン以外誰が観るのだろうか、という気もしないではないが、僕はもちろんファンなので、これは絶対に観てみたい。

ミュージカルの告知コピーに
『1966年、イングランドがワールドカップに勝利した時の、ウェンブリー・アリーナに鳴り響いたSunny Afternoonの大合唱を、もし君が覚えていないとしても、心配はいらない。キンクスがブレイクする様を描いた、レイ・デイヴィスのミュージカルによって、その瞬間がハムステッド・シアターにおいて再現されているからだ』
とあるように、劇中には物語に合わせて様々なキンクス・ミュージックも登場するみたいです。

ある演劇評によれば、これを観れば、デイヴィスがしばしば彼の回りの出来事からインスピレーションを得て曲を書いていた事実が確認できる、ということなので、再度言うけど、僕はキンクスのファンなので、これは絶対に観てみたーい!

さて、ここで気になるのは、どんな俳優がキンクスを演じているのか、という点ですよね。

レイを演じるのはJohn Dagleishという人。
うーん、エキセントリックな感じはいい線行ってる気もしますが、ただ、あちらでは「演技は素晴らしいけど歌がイマイチ」という評価もあるようで…

デイヴはGeorge Maguireという人で、あまり良い画像が見つからなかったけれども、このサイトにあるように過去にはマーク・ボランミュージカルとやらにも主演しているみたいですね。
ボランに扮した姿が、なんとなくデイヴを彷彿とさせます。カッコいいです。

ミック役はAdam Soppという人で、彼の名前で検索すると、やたらとハリー・ポッターが出てくるので、かの映画に出演した著名な俳優なのかと思ったら、どうもビデオゲームでハリーを演じた声優のようです。
ハリー・ポッターの本編でないというところが、実にキンクスっぽいわけですが、なにはともあれ、あのミックさんを、なかなか二枚目の人に演じてもらって良かったと、日本ミック・エイヴォリー・ファンクラブの副会長を目指す僕としては、胸をなでおろしているところです。

ピートはNed Derringtonという人が演じているんですが、この方のキャリアはあまり見つかりませんでした。
向こうのタレントデータベースなどから察するに、イギリスのテレビ俳優といった感じでしょうか。

実は、ハムステッド劇場がやってるこのサイトに行くと、作品のプロットからチケットの空き状況、そして出演する全部のキャストが載っているのでした。

見れば、レイの最初の奥さんのラサをはじめ、デイヴィス家の両親や姉たち、ラリー・ペイジなど、キンクス初期を語るに欠かせない人々が劇中に登場していて、ついついニンマリしてしまいます。

ただし、ファンにはたまらない舞台だけれども、これが一般の人たちの関心をどれだけ集められるのかというと、それはまた別問題なわけで、興行的な成否が心配にはなりますね。

ともあれ、キンクスの初期を追ったこのミュージカルは、5月24日までロンドンで上演中とのことなので、それまでに現地に行く人は、ぜひ劇場に足を運んで、感想を僕に教えてください。

いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓
★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↓ 出来ましたらこちらのほうも↓
★お願いします★


| Around The Kinks | 22:01 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - | pookmark |
コメント
わ〜!凄い!

それこそ、イギリスに生まれなかった自分が残念でなりません。
ひょっとして、パンダボーイさんはロンドンまで観に行かれるおつもりですか?
うわ〜、もう羨ましいですぅ〜。

この前パンダボーイさんに教わって、デイヴの動画をたくさん観れたので、とても満足していたのに、またまた欲求不満になりそう(:_;)

それにしても、ホントに観たい!!
| kinks mama | 2014/04/25 4:48 PM |
うーわー、おもしろそうですねー。
めちゃめちゃ観てみたいです。
DVD化してくれないかなぁー。

でも…
ほんと、ファン以外の人が観ておもしろいのでしょうか?
そこは、かなり疑問です(笑)
ってことは、やっぱりDVD化も難しそうですよね…。
| ぴょん | 2014/04/30 10:40 PM |
kinks mama さん

お返事遅くなりました。
まだまだリハビリ中につきご容赦ください。

僕は何しろ貧乏暇なしなので、さすがにロンドンは行けません。
まあ、せいぜいどこかに動画でも上がってないかと探す程度ですね。

>イギリスに生まれなかった自分が残念でなりません

僕も同じ考えですけど、でもどうせ生まれるなら、今の時代に生まれてこんなミュージカル観るよりも、1960年代の10代として、人気絶頂で鼻持ちならなかった頃の、生のキンクスが観たかったですね。
| Pandaboy | 2014/05/16 8:07 PM |
ぴょんさん
お返事遅れまして申し訳ありません。

さて、ファンの立場からすると、これ本当に面白そうなんですけど、しかしDVD化かぁ。
なんか、日本で上演されるよりも、そっちの方がさらに難しそうな気もします。

ただ、キンクスの若い頃の物語であれば、いまジュリアン・テンプルが映画を作っているはずなので、こちらを期待するって方向もありですよ。

もちろん、これも日本公開は夢のまた夢でしょうから、こちらこそ本当にDVD鑑賞ですかね。
| Pandaboy | 2014/05/16 8:08 PM |
♪ラ、ラ、ラッラ、ローラ〜♪
嬉しいな!!
いとしのローラのアルバムががデラックスエディションで日本に帰って来てくれるもん…
モノ・バージョンがやっぱりありそうで、♪♪ラ、ラ、ラッラ、ローラ〜♪♪
アーサー同様、ローラもp応援してください!
最高傑作の2枚だもん!
| ローラ大好きアーサー君 | 2014/07/05 7:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/384
トラックバック