CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
amazon
キボウのカケラ
LinkShare
アフィリエイトならリンクシェア
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ミッション・インポッシブル | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Rippin Up New York City
デイヴ・デイヴィスの新しいライブアルバム「Rippin Up New York City」が、9月にリリース予定。
これは、サブタイトルに「Live at the City Winery」とあるので、恐らく昨年11月の、アメリカツアー時の音源なのかな?
なぜか今のところ、曲目やステージの詳細がどこにも見つからないので、確かなことは言えませんが、もしもこの時のツアーだとすると、セットリストはおおよそこんな感じでした。

1 Ripping Up Time
2 I'm Not Like Everybody Else
3 I Need You
4 She's Got Everything
5 Creeping Jean
6 Tired of Waiting for You
7 Johnny Adams
8 Susannah's Still Alive
9 See My Friends
10 Strangers
11 Flowers in the Rain
12 Young and Innocent Days
13 Front Room
14 King of Karaoke
15 Death of a Clown
16 Dead End Street
17 Living on a Thin Line
18 Where Have All the Good Times Gone
19 All Day and All of the Night
アンコール
20 I'm Not Like Everybody Else
21 You Really Got Me

いや、ほとんどキンクスですね。
アルバムには、ここから10曲くらいがピックアップされるとしても、それでも恐らく8割方がキンクスナンバーになるのでしょう。
そんなことなら、もういっそのこと兄貴と一緒にやっちゃえよ、とかいう気持ちになりますが、彼らにはそうはできない事情もあるわけで。

いずれにしても、デイヴが順調にアルバムをリリースしてくれるのはとても嬉しい。
加えてデイヴは、昨年に引き続き、今年も10月から11月にかけてのアメリカツアーに出るとのことで、以前の脳梗塞が嘘のような活躍ぶりです。

実は、僕は最近では、キンクス再結成なんてもうどうでもいいや、という気になっておりまして、というのはつまり、メンバーのそれぞれが元気に活動してくれていれば、それで充分なんじゃないかという思いですね。

殊にデイヴは、ああいう大病を患って、ギターを弾くどころか、普段の生活もままならないような状態になっていたわけですから、それがステージに復帰して、たまにライブアルバムが届けられ、稀にスタジオの新作が聴ける。
ファンとしては、それでもう充分過ぎるくらい幸せじゃないか、という気がします。





いつもありがとうございます!
↓ 励ましの1日1クリック ↓
★お願いします★
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓ 出来ましたらこちらのほうも↓
★お願いします★



| Around The Kinks | 23:05 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - | pookmark |
コメント
パンダボーイさん、有り難うございま〜す。

ディヴのアルバム、早速予約しました。
楽しみ〜♪

ディヴがツアーや、アルバムリリースを続けてくれているので、これ以上嬉しいことはありません。

ちょっと、得意の高音が出ずらくなっちゃったけど・・て言うか、若いころから危うかった音程はと言うと、これはもう・・・(〜〜;)

でも、もうそんな事どうでもいいですよね!
なんってったってレジェンドなんですから!!
| kinks mama | 2015/08/10 1:32 PM |
kinks mamaさん
連投ありがとうございます。

レイ先生も、定期的にコンサートやってるみたいなんですが、それをアルバムにする気はないとみえて、先生のステージって、考えたら「To The Bone」以来耳にしたことないです。

その点デイヴは、以前にも「Live at the Bottom Line」を出してるし、そういう露出はレイよりも多いですね。

デイヴは根っからライブが好きなんでしょうね。
| Pandaboy | 2015/08/11 8:19 PM |
Panda boyさん、はじめまして。突然のコメントで失礼いたします。
私、60年代の音楽が大好きで(全然リアルタイムではありませんが)、Kinksも好きで聴いていましたが、village greenまでとベストどまりでした。
でも、最近何気なく聴いていたら、突然kinksの凄さカッコ良さ素晴らしさに目覚めてしまいました!今では数ある好きなミュージシャンをさしおいてナンバ1です!
遅ればせながら、持っていなかったアルバムを買い集めたり、レイの歌詞のうませに感心しながら歌ったり、恥ずかしながら訳詞をしてみたりなど、ひとりで盛り上がっています。
そんな中でkinksの情報は少ないので、こちらのサイトは今の私にとって神サイト!です。(ディスコグラフィと訳詞、とっても参考になります)
今さらひとりでテンションが高くてごめんなさい!
とにかく、貴重な情報を得られるサイト&Panda boyさんにひとことお礼が言いたかったのです。
これからも無理なさらずに、マイペースで活動し、私のような新しいファンのための良き道しるべとなってください。
ありがとうございました!

| kinks girl | 2015/09/03 10:27 AM |
kinks girlさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

こんな、ただ好き勝手に書いているだけのブログに「神サイト」なんて、それはさすがに言い過ぎですが、でも、kinks girlさんのキンクス情報収集に、うちが少しでもお役に立てているのなら、こんなに嬉しいことはありません。

さて、おっしゃる通り、国内はもちろんイギリスやアメリカでも、キンクスの話題というのは、近年とみに少なくなってきていますね。
自分自身の怠惰な性格に加え、このネタ不足という事情もあって、近頃では更新も滞りがちなのですが、ただ、以前に書いたものなどを見てみると、我ながら少しは面白いことも言っているようなので、その辺をお読みいただき、お慰みにしていただければ幸いです。

しかし、こうした励ましのコメントをもらうにつけ、なんというか申し訳ない思いがふつふつと湧き上がって参ります。
やはりもっと更新頻度を上げねばならんなあ、と心に誓う今日この頃です。
| Pandaboy | 2015/09/04 9:06 PM |
たびたび失礼します。返信ありがとうございます!なんだか申し訳ない気持ちですが、とても嬉しいです。
音楽系のブログをチェックしても、自分と趣味の合うものはなかなか見つからないので、Kinks日和はとても貴重なんです。(まわりの人と音楽の趣味が合わないので、時々孤独を感じて寂しくなっちゃうんですよね)
過去の記事もじっくり拝見していて、楽しんでいます♪
だんぜんJohn派の私も愛と平和の体現者みたいな扱いはどうかと違和感を感じますし、Johnは駄目な所、なさけない所、皮肉やな所(レイ兄貴もそこが好きです)に魅力を感じます。
ブルース・ジョンストンを偏愛しているので、Disny girlの記事は読んでいて嬉しくなりました。

そういうわけで、Kinks以外の記事もとても興味深く、面白いのでもっと読めたらないいな〜と思ったりします。勝手にごめんなさい〜

ところで、Kinksの自伝映画のデイヴィス兄弟の配役も決まり、今年遅くから撮影スタートらしいですが、どうなるんでしょうね〜

| Kinks girl | 2015/09/06 3:25 PM |
Kinks girl さん

もうお読みになったらかも知れませんが、一昨年の年末年始にうちでやった、キンクスの好きなアルバムアンケートの時は、投票参加者の内訳が男性89%、女性11%でしたからね。
>まわりの人と音楽の趣味が合わない
というのは、これはもう宿命と思って諦めてください。

しかしまあ、最近では日本人アーティストの方が集客力もあって、アルバムも売れるみたいだし、キンクスに限らず、そもそも洋楽のリスナーというものが既にマイノリティーなのかも知れませんね。

それにしても、うちのDisny girlの記事までチェック済みとは、ちょっとビックリです。
あれはこのブログのごく初期に書いたものですから、文体も今と違ってすごく硬くて、表現も拙いので読み返してみると顔から火が出る思いです。
キャー!見ないでっ!って感じですね。
| Pandaboy | 2015/09/08 7:55 PM |
パンダボーイさん、またまたこんばんは!毎日お邪魔してたびたびのコメですいません!訳あってただいま時間があって、朝から晩まで音楽浸けなので、ひとりテンション高くてごめんなさい!私と違ってお忙しいと思うので、すぐに返信しなくて大丈夫です〜しょちゅうお邪魔して過去記事を読んでいますけど(アクセス数急増しちゃうかも)気にしないで下さいね!何なら放置して下さって構いませんので♪

ついついコメントしてしまうのは、キンクス日和がディープなキンクスマニアから、私のようなキンクスビギナーなで受け入れるサイトになっていて、懐が深いというか、器が大きいからです。
実際、ビギナーズガイドがありますし、ビギナーカモン!な気さくな雰囲気なんですよね〜。洋楽ブログの中にはビギナーには敷居が高くて、うかつにコメできないような雰囲気のサイトが多く、実はほとんど覗くだけでコメしないのです。(最近こちらで知ったヒロオージさんといたち野郎さんの所にはお邪魔してコメしてますけど)

ビギナーでも気軽に覗けるサイトの気安さ&パンダボーイさんの文章のうまさ気さくさにまずハマる。そして、いったんサイトを読みすすめるうちにKinksの理解と愛着が深まり、さらに魅力に取り憑かれてしまう!わたしの場合そんな感じです♪

ビギナーズガイドのアンケートはすごく楽しいですね♪みなさんのコメントを読んでいてニヤニヤしてしまいます。実際、ビギナーの参考にもなります。私も数少ない?女性ファンのひとりとして投票したかったなぁ〜。

女性ファンが少ないというのはどうでしょう…。アンケート回答者が300人ちょっといるので(その数にびっくり!!)、その1割というと30人くらいの女性が いたってことで。私としては意外に多いと思いました。今まで女性のキンクスファンにあったことないですし(どうでもいい情報ですが、彼氏経由ではない自主的なファンでもあります)。

ある洋楽ブログでキンクスについて取り上げられていて、「キンクスがわかる女の子って最高だね」みたいなことが書いてあったのですが、続けて「でも、絶対にモテないから気を付けて」とあって、ウケました(爆
キンクスファンは男女ともにモテない系らしいですね〜
| Kinks girl | 2015/09/09 6:22 PM |
レイが10年ぶりにソロを発表
英米共にチャートにランクイン 嬉しいかぎりです

ストーンズの新譜はブルースの寄せ集めでしたが レイは全て自作 衰えない創作意欲にも脱帽です


| なお | 2017/06/04 7:27 PM |
なおさん
コメントありがとうございます。
全然更新しないこのようなブログに書き込みいただいて恐縮してます。

さて、レイ先生のアメリカーナ、前の2作と比べると、足が地についているというのでしょうか?
驚くほど落ち着き払った印象で、良い意味で裏切られた感があります。

それと、途中にHow Are YouやAll Day And All Of The Nightのフレーズが飛び出す場面などもあって、そこかしこに意外とキンクス的なニュアンスが感じられもしましたね。

この10年は過去のリメークばかりしていて、もはや才能も枯れ果てたのかと諦めていたのですが、レイ先生はまだまだ十分に現役でした。
12月くらいには、今回収めきれなかった曲を集めたアメリカーナの第2弾も待機中ということなので、これも楽しみです。
| Pandaboy | 2017/06/05 1:16 PM |
『アメリカーナ』このアルバムの完成度の高さは全盛期のキンクスを彷彿とさせてくれます

70才を超え、枯れたレイの声はますます渋味を醸し出しています

次なる新作にも期待ワクワクですね


| なお | 2017/06/09 8:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinkysound.jugem.jp/trackback/387
トラックバック